スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
断腸の思い
私の書道の師匠は御年89歳。

書道、篆刻はもちろん写真に太極拳、詩吟、ゴルフに旅行・・・

多彩な方です。

今日も書道の添削中、

「断腸の思い・・・」という言葉知ってる?

と聞かれ、もちろん知っているけれど、

語源までは知らない。

すると先生が漢詩を見ながらお話ししてくださいました。

むかし、中国の長江を川下りする一艘の船があった。

そこに子ザルが飛び乗った。

小さなサルを人間たちは可愛がった。

連れ去られた子ザルの母ザルは岸を伝って後を追い、

百里ほど追いかけ続けた。

船が岸に近づいた時に母ザルは船に飛び乗った。

しかし、母ザルはそのまま死んでしまった。

母ザルのお腹を割いてみると、腸がずたずたに断ち切られていたそうな・・・

このお話が元となり、

はらわたがずたずたにちぎれるほど、耐え難い苦しみの事を

「断腸の思い」というそうです。

こんな話をサラっとしてくれる先生は本当に素敵に年を重ねていらっしゃいます。

まだまだお元気で活躍してほしいです。

先生から学ぶことは、果てしない・・・

先生は「僕は町の書道家だ。」

とよくおっしゃいます。

有名な展覧会などに作品を出すよりも、

その分の時間とお金を使って、紙と墨を買い、とにかく書きなさいと・・・

先生は近くの中学校の卒業証書や、お祭りのご奉納、蕎麦屋の看板、

家系図、お寺のお塔婆など、頼まれたものは何でも書かれます。

今は、朝日新聞の天声人語を原稿用紙に毎日写しているようです。

89歳でまだ学ぶ姿勢。

頭が下がります。

私なんて、日々勉強で当たり前だ!

気持ちがあればいつでもなんでも始められる。

今日を大切に生きよう!


スポンサーサイト
【2011/08/25 21:02】 | 日々のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<かわいいプレゼント | ホーム | 花柄の模様編みバッグ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://3sister.blog7.fc2.com/tb.php/534-3c97ee20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。